美脚通信

レギンス入浴で「痩せない」のは理由があった!やり方を間違えないで

レギンス入浴で痩せない

レギンス入浴をしても「痩せない」のは方法を間違えている可能性があります。

正しいレギンス入浴の方法を知っておきましょう。

さらに、効果を高める方法でレギンス入浴をすれば「痩せない」結果にはならないはずです。

痩せない理由

痩せない理由
  • もともと細い人
  • 足にむくみがない人
  • 入浴時間が短い
  • 履いているレギンスの種類

レギンス入浴をすれば、全員が痩せられるわけではありません。

もともと、細い人や、足にむくみがない人は、レギンス入浴の効果を実感しにくいです。

また、入浴時間が極端に短すぎる人も、効果を実感しにくい傾向にあります。

レギンス入浴には、適切な時間があるんですよ。

さらに、履いているレギンスによっても効果は変化します。

効果を実感できていない人は、普通のレギンスではなく着圧ソックスを履いてみてください。

レギンス入浴の効果

レギンス入浴は、ダイエットに効果的です。

特に、足痩せに効果を発揮します。

足の気になるむくみ、セルライトを解消してくれるんですよ。

効果がある理由

入浴すると身体が温まることによって代謝がアップします。

代謝がアップすると、脂肪が燃えやすくなりますよね。

実は、代謝がアップするだけでなく入浴には、お湯の水圧が足にかかっている状態です。

水圧が足にかかると、足のむくみへのケアをしてくれます。

結果、足が細くなる効果がでるわけなんです。

入浴するときにレギンスを履いて入浴すれば、レギンスによる圧力もプラスで足に加わって効果がグンとアップするわけです。

入浴と着圧レギンスの相乗効果が見込めます。

代謝を上げた状態で、圧力を加えるということが重要なんです。

通常よりも、高い引き締め効果が見込めますよ。

むくみやセルライト

またレギンス入浴は、むくみやセルライトの解消にも効果的なんです。

むくみは、身体の中の余分な水分を排出しきれずに起こります。

セルライトの原因は、身体の冷えや血行不良により皮下脂肪が固まり、ボコボコとした状態になってしまうことです。

つまり解消するには、足の血流やリンパの流れをスムーズにすることが大切なんです。

なおかつ、足を温めてあげれば効果倍増というわけです。

レギンス入浴の方法とは?

  • レギンスを履いて入浴
  • 時間は20分程度
  • お湯の温度は38~40℃

レギンス入浴は、レギンスを履いて湯船に約20分程度入るだけです。

入浴時間ですが、目安は20分程度です。

「長く入れば入るほど良いのでは?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、効果アップを期待して、長時間入れば良いわけではないんです。

確かに長い時間入浴していれば、汗もたくさんかくことになります。

ですが、無理して長い時間入浴すると、脱水症状や体調不良を引き起こす可能性もあります。

のぼせたり、肌荒れといった症状も出てきます。

せっかくのレギンス入浴も、健康被害を出してしまっては意味がありません。

リスクの高い入浴は、避けてください。

お湯の温度は、38~40℃程度が適温です。

少しぬるめの温度ですよね。

実は、38~40℃での入浴が、最も身体がリラックスして副交感神経系が活発に働きます。

副交感神経系の働きが活性化されると、身体の代謝がアップし、セルライト、むくみの解消へと繋がるんです。

レギンス入浴の注意点はある?

  • 水分補給をしっかりと
  • 長時間の入浴は避ける

入浴前・中・後に水分補給

レギンス入浴を行う際は、水分補給をしっかりとしてください。

たとえ、20分程度の入浴でも、汗はしっかりかきます。

体内の水分が不足してくると、脱水症状を引き起こすしますので注意してください。

そして、レギンス入浴前には水分を摂ってください。

水分が不足した状態で入浴すると、汗もあまりかきません。

汗をかかないと、老廃物など身体の不要物を排出できないんです。

せっかくのレギンス入浴の効果が、ダウンしてしまいますよね。

入浴前はもちろん、入浴中、そして入浴後にコップ1杯の水を飲みましょう。

入浴時間は20分!

長時間入浴しないことも注意すべきポイントです。

脱水症状や体調不良、肌荒れなどの要因となりますので、気をつけてくださいね。

レギンス入浴に効果アップの方法はある?

着圧レギンスを履く

レギンス入浴の際に着用するのは、着圧レギンスにすると効果もアップします。

着圧レギンスとは、足に加圧設計されているレギンスのことを言います。

着圧レギンスと言えば、メディキュットが有名ですね。

着圧がしっかりしているものでは、ギュギュレギンスなどの通販限定の着圧レギンスがあります。

最近では、多くの着圧レギンスが市販されています。

効果の範囲や着圧力などから、レギンス入浴に履くレギンスを選んでくださいね。

ちなみにギュギュレギンスの着圧効果については【ギュギュレギンスの効果】で詳しく説明しています。

加圧計算されている着圧レギンスなら、足の血流をスムーズにする手助けをしてくれます。

着圧レギンスには、血流やリンパの流れを良くする効果があります。

着圧レギンスを履いて入浴することは、まさにむくみ、セルライト撃退に打って付けの方法と言えるわけです。

普通のレギンスでも効果がないワケではありませんが、よりレギンス入浴の効果を発揮したいのなら着圧レギンスが効率的です。

広範囲をカバーしてくれる着圧レギンスを選ぶ

着圧レギンスは、広範囲に加圧されているタイプを選びましょう。

ふくらはぎから太ももまでカバーできる着圧レギンスだと、足痩せ効果が高いです。

半身浴もプラスで行う

半身浴も一緒に行うと、足痩せだけでなく全身のダイエット効果にもつながります。

というのも、全身浴と比べて半身浴は下半身の血流や、リンパの流れをスムーズにする効果があります。

「お湯もぬるめで半身浴はツライ」といった場合は、上半身にタオルをかけて冷えを防止しましょう。

肩を温めておくと冷えを感じにくくなります。

マッサージを行うと効果アップ

レギンス入浴中に、マッサージを行うとさらに効果もアップします。

入浴中の20分間で行える簡単なものばかりなので、ぜひトライしてください。

足首回し

  1. 伸ばした左足の上に右足を組んで乗せる。
  2. 右足の指の間に、左手の指を入れて掴む(恋人つなぎの要領で足を掴む)
  3. 右手で右足首を抑え、左手で右足首を回す。
  4. 手と足を変えて5回ずつ繰り返す。

足首回しのマッサージでは足先の血流を良くする効果が期待できるので、むくみを解消することができますよ。

太もも刺激

  1. 体育座りをする
  2. 両手で拳を作り、左足のひざ上から足の付け根に向かってググッと押し流す。
  3. 5回繰り返したら、右足も同様に行う。

太ももの大きな筋肉を刺激することで、代謝アップが期待できます。

太もも絞り

  1. 体育座りをし、右足を伸ばす。
  2. 両手で左太ももを掴んで、雑巾を絞るようにマッサージを行う。
  3. 太ももの外側、内側それぞれ5回ずつ行う。
  4. 右足も同じように行う。

太ももについてしまったセルライト撃退に効果的なマッサージです。

20分間の間に全てのマッサージが完了するほど、簡単なものばかりです。

マッサージを行えば、身体がジンジンと温まってくるのを感じるはずです。

身体が温まるということは、すなわち代謝がアップしている印です。

「効いてる!」と実感できるのは続けるモチベーションとなりますよね。

お風呂上がりにはスッキリとした足を手に入れることができますよ。

ぜひ試してみてください。

レギンス入浴の口コミは?

マッサージをプラスで行うのは、レギンス入浴の効果を高めてくれますね。

レギンス入浴を始めて約1ヶ月…
マッサージもできるだけ続けたら、膝周りと足首が細くなってきた気がします。

レギンス入浴を初めてからむくみが取れて、かなり足が細くなりました!

試してみてビックリ!
即効で効果が出たのです。
始めたばかりで体重の変化はありませんが、足はスッキリとしました。
頑張って続けていきたいです。

レギンス入浴、簡単なのに太ももが4センチも細くなった!
ウエストもスッキリとしてきた気がするし、ほんとオススメです!

レギンス入浴は、足のむくみへの効果があります。

ですから、即効性を感じられる人が多いですね。

代謝を上げて痩せていくには、時間もかかりますから、レギンス入浴を続けていってくださいね。